AlisaSunaga at MotionBlue

4.12.Motionblue yokohama 14th記念 寿永アリサ公演 特設サイト!!           モーション・ブルー・ヨコハマが14周年を迎える夜。Motion Blue yokohama 14th Anniversary’s Special Evening with ALISA SUNAGA

HOME 寿永アリサのProfile
寿永アリサOfficial site
AlisaSunaga Archive
Motion Blue yokohama
TOPロゴ

2016.8.10.Wednesday Motionblue yokohama 寿永アリサ公演
Alisa Sunaga con MAESTRO Extentions
寿永アリサ・コン・マエストロ・エクステンションズ

Alisa Sunaga con MAESTRO
Extentions

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿永アリサのProfile

寿永アリサのProfile
Alisa_image.jpg

寿永アリサ(すなが ありさ) ヴォーカリスト 東京都新宿区出身。

 日本を代表するラテン歌手。トップミュージシャンのサポートを受けラテンにとらわれる事無く、ジャズ・フラメンコ・サルサ・タンゴ・日本の音楽的なエッセンスを取り入れ独自のサウンドを切開く。DNAに刻まれた抜群のリズム感と音感とそのパフォーマンスは、そして、訓練によっ作られた「音学」でなく耳と体で感じた音に反応する「音楽性」は、自由さと緊張感とで聴く者を魅了する。                              180字

 ラテン・パーカッショニストの重鎮「父ラリー寿永」、ラテンヴォーカルの草分け的 存在「母ミッチー大内」を両親に持ち、20代後半、南米はペルー各地での旅の中で出 会った数々のラテン音楽にインスパイアーされた寿永アリサの心は、マチュピチュの山中で「歌う」ことを誓った。
 デビュー以降の主な活動は、日本を代表するベーシストであり、国際的にも活躍する高橋ゲタ夫氏がバック・アップしている。
2004年11月25日リリースされたファースト・アルバム“Son de Alisa”(Produce:高橋ゲタ夫氏)は、全11曲収録されるフル・アルバムで、キューバの名曲を、ゲタ夫氏らしい方向性でそれぞれの佐野聡(tb)・中島徹(Pf)といった一流のラテン系ミュージシャン達によってオリジナリティ溢れるアレンジに仕上げている。また、オリジナル作4曲中、「虹色の扉」は唯一寿永アリサの作詞・作曲による作品。キューバン・ラテンを 歌い続けてきた彼女が、日本語の歌詞で心の中を表したこのオリジナル作は、サルサとサンバを合わせたサルサンバのリズムの清々しい曲調になっており、彼女の新しい可能性と方向性を良く表現したものになっている。残りのオリジナル3曲は、キューバの超人気グループ「チャランガ・アバネーラ」のパーカッショニスト‘ラサロ・メングアルによる本作のための書き下ろし。その中のアルバムタイトルになっている「Son de Alisa」は、アリサのテーマと呼べそうな明るく口づさみやすいノリのいいTimba-Sonに仕上がっている。 参加ミュージシャンは、高橋ゲタ夫(Bass)は勿論、佐野聡(Trombone,Flute)、ルイス・バジェ(Trumpet)、大口純一郎(Piano)、深井克則(Piano)、中島徹(Piano)、斉藤崇也(Piano)、大儀見元(Perccusion)、都筑章浩(Perccusion)、美座良彦(Timbaless)、藤井摂(Drums)、香月さやか(Violin)といった日本のラテン界を代表する最強メンバーがサポートしている。 また、アリサの父ラリー寿永(Perccusion)も特別参加。心温まる父娘共演も実現している。                      770字
 
 そして2006年より「寿永アリサ con MAESTRO」を始動、ラテンをベースにジャズ・スパニッシュ・タンゴ・中近東音楽の要素をミクスチャーさせた寿永アリサの無国籍なユニット♪「ALISA con MAESTRO」のライブは、単なる「ボーカル+バックバンド」という枠組みを覆し、グルーブすること、全員が対等なソリストであること、自由であることといったコンセプトを基本に「響」の磁場がまるで沸き起こるかのような演奏でライブ会場をいつもグルーブの渦に巻き込んでいる。基本的な編成はボーカル・ピアノ(バンドネオン)・ヴァイオリン・フラメンコギター・ベース・パーッカションの6人。変則的編成ではあるが20人編成からデュオまで変幻自在の「MAESTRO」にとってどんな編成でもそのサウンドは変わることなく繊細かつメロディアスな演奏が楽しめる。日本の音楽シーンを代表する「匠の技師(マエストロ)達」が織り成すグルーブの熱い波動と炸裂するインタープレイが、東京の夜を包み込む。   400字                 

  



出演実績:
六本木STB139スイートベイジル・MotionBlue yokohama・
六本木SatinDoll・ 渋谷JZBrat Sounf of Tokyo・
六本木All of Me Club・六本木ALFIE・ 銀座Swing・
赤坂B♭・青山Body&Soul・中目黒楽屋・恵比寿Art cafe Friends・ 横浜BarBarBar・下北沢BODEGUITA・
下北沢LADYJANE・渋谷Crocodile・ 新宿SOMEDAY・
新宿J・池袋Relaciones・野毛Dolphy・横浜APPLE・
野毛JUNK・野毛ルタンペルジュ・鎌倉Daphne・品川Tribeca
 etc


共演実績:
ラリー寿永Vo,Per
高橋ゲタ夫Bs
石山実Per
日野皓正Tp
海老沢一博Dr
ペドロ梅村per
鈴木ウータン正夫Dr
納見義徳Per
村上ポンタ秀一Dr
ペッカーPer
木村キムチ誠per
カルロス菅野Per
横山達治Per
ウイリーナガサキPer
コスマスカピッツァPer
大儀見元Per
都筑章浩Cong
則竹裕之Dr
藤井摂Dr
岩瀬立飛Dr
平川象士Dr
外山明Dr
大野孝Dr
美座良彦Timb
田中倫明cong
伊達弦Per
今福健司per
伊藤アツ志Per
安藤弘per
後藤喜文per
宮本仁Cong
伊波淑Per
テリー池谷Pf
今田勝Pf
森村献Pf
大口純一郎Pf
遠藤律子Pf
モヒカーノ関Pf
山本剛Pf
津垣博道Pf
深井克則Pf
平田フミトPf
奥山勝Pf
中島徹Pf
岡田げんPf
砂田知宏Pf
斉藤崇也Pf
小田ビンブンPf
伊賀拓郎Pf
あびる竜太Pf
青木菜穂子Pf
大山大輝Pf
早川純Bandneon
井上信平Fl
松原由紀子Fl
福留敬Fl
岸ノリコVo
ギラジルカVo
志村恭子Vo
岩村健次郎Vo
佐々木誠Vo
リヴァワルテルVo
パガンウィリーVo
ハチミネクニ―Vo
八木のぶおHrp
今出宏Vo,Hrp
鈴木正則Tp
ルイスバジェTp
菊池成浩Tp
佐久間勲Tp
松島啓之Tp
大高 實Tb
中路英明Tb
佐野聡Tb
小坂武巳Tb
大迫明Tb
藤田明夫As
Hal斉藤Ts
宮本大路Sax
近藤和彦as
竹野正邦Ts
伊丹雅博Gt
高木潤一Gt
鈴木よしひさGt
道下和彦Gt
Mucho Gt
萩原亮 Gt
中西俊博Vln
寺井尚子Vln
太田恵資Vln
会田桃子Vln
香月さやかVln
佐藤桃子Vla
菊池幹代Vla
友納真緒Vc
定村史郎Vln
西田けんたろうVln
坂井紅介Bs
安カ川大樹Bs
グレッグリーBs
納浩一Bs
池田聡Bs
小泉哲夫Bs
渋谷和利Bs
織原良次Bs
吉岡大典Bs
八尋洋一Bs
鳥越啓介Bs
木村将之Bs
小川誠Bs
伊藤寛康Bs
加納樹麻ds
ルディ・ヌニェスDr
トニー・ガッピ―Sp
(順不同 敬称略)

























スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。